代表挨拶 - Message from CEO -

代表より皆様に御挨拶

近代的株式会社の始まりはオランダ東インド会社と言われますが、
『同じ志をもって仕事を請け負う集団。結社。仲間』
という定義に於ける世界最古の企業は、日本に現存する金剛組(現・高松コンストラクショングループの孫会社)であり、まさにゴーイングコンサーンの前提、継続性・永続性に関しては、日本に一日の長があるとも言えます。

元々、東インド会社は、航海ごとに出資者を募り、航海終了時点の出資比率に応じた利益の分配という短期に最大リターンを得る事を目的とした仕組みからスタートしていますが、
長期的価値創造を第一目的とした場合、出資者(株主)だけでなく、『同じ志の』利害関係者全てをWinWinに出来る企業こそ、投資に値します。

最近では、米国Whole Foods MarketCEOJohn Mackeyが著書の中で、Conscious Capitalism=『高い目的意識と満足度を全ステークホルダーに提供し、愛される事こそ、高収益、圧倒的なパフォーマンスの継続に繋がる』、と提唱したコンセプトと同義で、本来は、日本こそが発揮すべき強みでありましょう。

しかし、長年イノベーションの欠如が叫ばれ、内向き・前例主義の体質打破が希求される中、
破壊されてきたのは、むしろそうした日本が古来から持ち、差別化・競争優位となる素地の部分、本来は、その根っこをブラさず、大胆に変化・改革を進め、リスクを取る企業文化や枠組みを作る事が、創造的破壊に繋がるはずです。
 
企業、そして我々全てが価値を創造し、社会に対して提供し、貢献する義務を負っています。

私共は、企業価値最大化の支援、という使命を果たす事で、企業の皆様が、改めて自らの存在意義を問い直し、何を成し遂げるべきかに立ち戻って頂きたい、そして、素晴らしい未来の礎になって頂きたい、との思いで今後も尽力して参ります。

代表取締役/CEO
柳下裕紀

ページの先頭に戻る