投資コンサルティング - Investment Consulting -

的確な事業・経営戦略の為の投資理論活用

すべからく投資は、価値>価格の算定により判断・決定されるべきものです。

経営者は、投資家の期待収益率=資本コスト以上の事業利回り(投下資本利益率=ROIC)の実現が、最低限の義務であり、そのスプレッドと投下資産の積がEVA=経済的付加価値です。

日々のオペレーション上の経営努力は、価値最大化を究極の目的として達成する為に行われなければなりません。

ミッションをより高いレベルで実現させる為には、経営者だけでなく、当該企業のオペレーションに関わるスタッフ全員が、自らの存在意義も含めた価値創造のメカニズムを理論的に理解する必要があると我々は考えております。

弊社サービスでは、国内外(香港・米国・日本)で、計約15年間の株式ファンドマネージャー経験を含め、投資運用の世界で約30年のキャリアを持つ
代表・柳下が、クライアント企業のインハウス・トレーニング、セミナーや定期・不定期の講演を導入し、企業価値創造&最大化の本質的な意味・原理~具体的な算定・評価、事業オペレーションや経営戦略との関係など、多岐に渡る内容で、投資コンサルティングを御提供しております。

《導入事例》 A社インハウス・トレーニング(1年間全12回)
①経営に於けるキャッシュフローと利益、時間軸の考え方
②財務3表の各ポイントと再構成
③企業価値最大化ツールとしてのファイナンス-投資・資金調達・配当の意思決定と関係性
④リスクとリターン、資本コスト、ROIC、EVAの基本
⑤バリュエーションの為のビジネスモデルの基礎と各要素の徹底検証
⑥バリュードライバーによる企業活動の把握と理解
⑦企業価値評価の実践/ケーススタディ
⑧レバレッジ効果と最適資本構成の考え方
⑨投資判断基準の実際-NPV・IRR/ケーススタディ
⑩M&Aによる企業価値創造の考察/シナジーの推定と実現可能性の検証
⑪M&A、事業売却等のケーススタディから将来企業価値算定
⑫自社のビジネスモデル、バリュードライバー、企業価値の検証
/今後の課題と将来の方向性について

バリューYファンドをベースに投資判断の実際を御紹介

現在、当サービスでご契約頂いているクライアント企業向けに、
弊社代表・柳下が実際に運用しているファンドを元に、
プロの投資家が銘柄選択や 投資判断をどのように行っているかを、
分かり易く例示し御説明する定期講義を御提供しております。

このサービスについては、2015年10月より個人投資家向けとして、
会員制度のプログラムを開講しております。

内容詳細は、こちらへ。 
バリューYファンド(日本株)/2010年10月26日設定来パフォーマンス(2017年7月31日更新) バリューY・USファンド(米国株)/2014年6月1日設定来パフォーマンス(2017年7月31日更新)
ページの先頭に戻る